雑記。

今日はちょっと昔話って言うか思ったことをちらほらと。TISSEです。こんばんは。
開口一番の1行は、「TISSEです。こんにちは。」と最後に毎度つけているわけですが、
こんにちは。の部分は書いてる時間に相当してたりします。
おはようございます。って長くなっちゃうから前の言葉が短くなって大変ね…。
そんなことを思ったりした今日この頃。皆さんいかがお過ごしですか。私は夏バテです。

ずいぶんと前の記事から時間が空いてしまいました。
夏休みと言うことだけあってぐーたらな生活をしているせいでしょうか。
うーむ。もうちょっと何かにおわれているような生活の方が
あたし的にはしっかりとした生活になるのかなぁ。
自分に厳しい環境の方がより良い生活になる。…、厳しい生活はいやですね(苦笑

この記事。実はちょっと前に書いたものでして。
ノートパソコンの方の中に眠っていました。せっかくなので掘り起こそうかなと。
この後出てくるROですが、最近はROではなくパンヤにはまりまくりです。

さてさて、それでは本題に移りましょう。今日はちょっとまじめな話。
リアルも、ゲームも始まりがあれば終わりがあります。出会いがあれば別れがあります。
特に、ゲームは大学進学や会社に勤めるようになると引退せざる終えませんよね。
ゲームを続けるには、リアルの環境がとっても重要になってきますから。
そんなわけで、自分は後どのくらいMoEができるのかと考えてみると良いかもです。
来年は大学4年生。就職活動も始めないといけないから…、後半年…できるかなとか。
今年大学受験なので、もうそろそろって言うかもう遅いのだけど勉強しなきゃとか。
そんなことを考えると、自分を取り巻く環境や人が大切に思えてきたりするかもです。

急に何でこんな話かっていうと、最近ちょっとROをやってみたりしてるんです。
えみゅれーたーとか難しい話はわかりませんが、ROをやってるわけですよ。
経験値30倍とかドロップ率25倍だとか難しいことはわかりません。わーい。

んで、話は脱線してちょっと昔話を。
ROに出会ったのは今からちょうど3年前。季節はちょうど今ぐらいだったかな…。
当時はオープンβテスト真っ盛りでした。
最初、性格診断テストみたいなもので、アコライトを進められたのですが、
そんなものはまったく無視してシーフを選んだのが始まりでした。
往々にして1stって言うものは、ステータスがばらばらだったりしますよね。
うちの子もシーフなのにINTがあったり、VITが多めだったり…。
そんなキャラクターでも、ぜんぜん気にせず楽しんでいました。
運命の転機は、プロの南十字での臨時公平に参加したことだと思います。
臨時公平は即席、経験値公平PTと言うものです。臨時の経験値公平PTの略ですね。
とても雰囲気がよく、明日もまたみんなで狩りませんかという感じでした。
そんなわけで、明日も~また明日も~となり毎日みんなで狩りをしていました。
集合が深夜の2時。冗談抜きで深夜2時からみんなで集まり、朝5時まで。
2次会で朝5時から朝7時か8時ぐらいまで、頑張っていましたですょ。
今考えれば、よくそんなに毎日元気でいられたなぁと思います。
この後、みんなで集まっていたPTがギルド、MoEで言うFSになり、
それから約2年ぐらい、あたしがROをやめるまでお世話になりました。

あのころは、あとどのくらいROができるとか考えたことがありませんでした。
時間が無限にあると思っていたのかもしれません。
キャラクターを育成するに本当に時間を惜しまなかった気がします。
あの頃に出会った人達には色々なことを教えてもらいました。
また、とても楽しい時をすごさせてもらったと思っています。
草田さん、Gさん、味噌さん、犬さん、レイさん、他の方々。ありがとうございます。

でも、いくら過去を懐かしんでも、過去に戻ることはできません。
できることは、今を見て、未来をよりよくすることしかできません。
未来をよりよくするためには、過去懐かしんだことを糧にして進むのが妥当かと。
そんなわけで、ROの教訓を糧にして、今置かれているMoEを認識しようかなぁと。
ということが、何でこんな話をし始めたかっていうことなんですょ。

思い出に浸ることはいいことです。ですが、思い出に束縛されてはいけないと思います。
浸ることで前を向いて歩けるようにならないと駄目なんじゃないかなぁと。
それが、思い出の中にいる人達への感謝の印なんじゃないかと考えています。
と、いいつつ、いまだに思い出に束縛されているあたしが言えることではないですが。

Tisse_Diarecは、思い出を未来への一歩として前に進める方を応援します。
[PR]
by tisse_diarec | 2005-08-20 21:42 | その他


<< MoE で 人狼。TISSEル... えっと。 >>